コアコンディショニングのためのおススメツール3選

ストレッチポールの画像




カラダのコアとコアコンディショニングについて簡単に解説という記事では、コアとコアコンディショニングについて紹介しました。

今回の記事は、コアコンディショニングを自分で簡単に実践できる3つのツールをご紹介します。

内容は、LPN公式のパンフレットを参考にしています。

LPN公式パンフレットの画像




LPN公式ツールについて

コアコンディショニングを実践するには、

日本コアコンディショニング協会(JCCA)がオススメするLPN公式ツールを使用することをおススメします。(コアコンディショニングについては、こちらの記事をご覧ください。)

コアトレする女性の画像

カラダのコアとコアコンディショニングについて簡単に解説

2019年1月31日

なぜなら、LPN公式ツールは日本のトップアスリートとトレーナーの現場の声をもとに、

スポーツ科学の研究者がテストをかさねた医科学的根拠のもと、大きさ・形状・硬さを改良し、開発されています。

そして、日本のトップアスリートたちが使い続けて、その効果と品質を認めた実績のあるツールだからです。

そこで、LPN公式のストレッチポール®、ひめトレ®、スイングストレッチ®を紹介します。

ストレッチポール®︎

ストレッチポール®HPの画像

ストレッチポール®公式サイトはこちらからご覧になれます

ストレッチポール®は、長さ90cmの筒状のポールです。基本の使い方は、ポールの上であおむけにねます。

効果は、全身の筋肉をゆるめ関節のゆがみを整えるます。

なぜなら、ストレッチポール®にのる姿勢は、胸が開き、深い呼吸が可能となります。深い呼吸は、脳をリラックスさせます。

さらに、ポールにのっておこなうエクササイズは、かたくなった筋肉をゆるめ、ゆがんだ関節をもとの正しい位置に戻すからです。

ストレッチポール®は、直径の大きさと硬さの違うEXMXがあります。また、不安定なポールが苦手という方のためにハーフカットがあります。

引用:LPNSHOPサイトより

 

 

ひめトレ®

ひめトレHPの画像

ひめトレ®公式サイトはこちらからご覧になれます。

ひめトレ®は、長さ約20.5cmの細長い円柱状のポールです。基本の使い方は、ポールを椅子においてすわります。

効果は、骨盤底筋群を刺激してインナーユニットを刺激し、姿勢を整えるツールです。(インナーユニットについては、こちらの記事をご覧ください)

コアトレする女性の画像

カラダのコアとコアコンディショニングについて簡単に解説

2019年1月31日

なぜなら、ひめトレ®の上に正しくすわるだけで骨盤底筋群を刺激します。

さらに、意識しながら呼吸エクササイズをすることで腹横筋が刺激されます。

腹横筋が働くと下がっていた内臓が引き上げられ骨盤が正しい位置にもどり、背骨と骨盤が安定するからです。

引用:LPNSHOPサイトより

 

 

スイングストレッチ®

スイングストレッチHPの画像

スイングストレッチ®公式サイトはこちらからご覧になれます

スイングストレッチ®は、特殊な形状です。基本の使い方は、骨盤の下にセットし、うつ伏せでバランスをとりながらエクササイズを行います。

効果は、コアと手足の動きを再学習します。

なぜなら、うつ伏せの姿勢は、赤ちゃんの姿勢です。その姿勢で行うエクササイズは、ヒトの成長段階に似ています。

コアと手足をつなぐ肩甲帯や股関節の動きが整い、コアの安定性が向上します。

また、不安定な状態から正しくバランスを保とうとする無意識な働きが、カラダの動きの軸を再学習させるからです。

引用:LPNSHOPサイトより

 

まとめ

この記事では、コアコンディショニングを自分で簡単に実践できる3つのツールをご紹介しました。

この記事でコアコンディショニングに興味を持っていたげげると最高にうれしいです。

では、最後までご覧いただき、ありがとうございました。




JCCAセミナーでさまざまなヒトと交流ヒトのカラダについて学ぶことはとても価値があると感じています。

さぁ、あなたも一緒に学びませんか?

友だち追加

こちらのライン@では、セミナー案内やブログ更新情報を不定期で発信しています。興味のある方はぜひご登録ください。

クリックされるとメッセージが送信され登録されます。タイムラインの公式マイアカウントフィードでお知らせが発信されます。

もし個別でメッセージを受け取りたい方は、こちらからのメッセージ受信後にスタンプをご返信いただきますと僕の公式ラインと直接つながりますよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です