JCCAセミナー|ペルコンをかんたんに解説

ペルコンの画像




こんにちは。理学療法士の前ちゃんです。

今回は、日本コアコンディショニング協会(以下、JCCA)ペルコンセミナーの様子をまとめたいと思います。

なぜペルコンが必要なのか?そもそも、ペルコンって何?についてカンタンに解説したいと思います。

内容は、JCCAペルコンセミナーテキストを参考にしています。

セミナーテキストの画像




ペルコンとは?

ペルコンとは、骨盤と股関節のアライメントを整え安定性を獲得するエクササイズを安全かつ効果的に指導できるようにパッケージ化したプログラムです。

前ちゃん
ペルコンのペルは、骨盤(Pelvis)のこと。

ストレッチポール®にのって5つのエクササイズを行います。

ベーシックセブンという筋肉をゆるめるエクササイズとあわせて行うとさらに効果的です。ベーシックセブンについては、こちらの記事をご覧ください。

ベーシックセブン案内の画像

ストレッチポール®️|効果を体感しやすいエクササイズ動画9選

2019年3月8日
ツール選択のポイント

シニア・初心者:ハーフカットがおススメ

女性:ストレッチポール®MXがおススメ

LPN ストレッチポールMX
created by Rinker
LPN ストレッチポールハーフカット
created by Rinker

セミナーの流れ

セミナーは、90分です。

テキストでセミナーゴールペルコン基礎知識ペルコンの効果について学びます。

実技は、5つのエクササイズを実施しながら、エクササイズの注意点や指導のポイントについて学びます。

活動理念と価値観

JCCAの活動理念とトレーナーの価値観を学びます。なぜなら活動理念がぶれると、トレーナーとしての軸がぶれてしまうからです。

活動理念

私たちは人々の快適な生活のサポートやスポーツ愛好者のパフォーマンス向上に貢献するコアコンディショニングを生活中に普及させることで、笑顔と感動を世界中の人々と共有します。これらを共に実現する指導者を多数創出する組織として、常識にとらわれず明るく楽しくこのミッションを達成させます。

引用:JCCAセミナーテキスト

トレーナーのもつべき価値観

我々コアコンディショニングトレーナーが目指すものはセルフコンディショニングの意識と知識を普及させるための健康教育です。このミッションを達成するために目の前のクライアントの体感を導き感動の共有を目指します。

引用:JCCAセミナーテキスト

セミナーゴールの確認

ペルコンセミナーのゴールを確認します。なぜなら、セミナーで何を学ぶかを明確にする必要があるからです。

ポイントは、骨盤と股関節のアライメントと動きを整える指導法、クライアントの心地よい体感を引き出すことです。

ペルコンの基礎知識

骨盤の構造と重要性を学びます。骨盤は体幹の土台となる非常に重要な部分です。

骨盤の構造

骨盤は、左右の寛骨仙骨で構成されています。仙腸関節恥骨結合でつながり、どこかに歪みが生じると体幹全体に歪みが生じてしまいます。

骨盤の画像

骨盤の重要性

骨盤はカラダの土台となる重要な部分です。家の構造で例えると、骨盤は基礎部分背柱は柱胸郭は屋根基礎がゆがむと、柱がゆがみ、屋根がゆがんでしまいます

この歪みの連鎖関節にストレスをかけ、痛みや違和感の原因となります。

ポールオンの骨盤へのメリット

ストレッチポール®に脊柱をのせて仰向けにねるだけで、3つの効果が期待されます。

ポールオンの効果
  • 骨盤が後傾する
  • 寛骨に対し仙骨が後傾する
  • 股関節後方の筋肉が弛緩する
前ちゃん
専門用語が多すぎますね!このパートは、一般の方には難しいようです。

ペルコンの効果

ペルコンエクササイズで期待される効果は次の3つです。

ペルコンの効果
  • 静的安定性の向上
  • 動的安定性の向上
  • 脚部の可動性向上

ペルコンの目的

ペルコンエクササイズの目的は次の4つです。

ペルコンの目的
  • 骨盤の左右対称化を促す
  • 股関節の左右対称化
  • 骨盤の安定化
  • インナーユニットの機能活性化

ペルコンの実技指導

ペルコンエクササイズ実施前の注意事項とエクササイズのポイントについてまとめます。

セルフモニタリング

前ちゃん
セルフモニタリングとは、自分のカラダの状態を把握することです。
ポイント
  • 方法:立位感覚・片脚立ち・片脚挙げ・骨盤ローリング・開排位・股関節内外旋
  • 留意点:確認する動作の左右差を感じてもらう

エクササイズ前の注意点

ペルコンエクササイズは、骨盤・股関節の左右対称化、インナーユニットの機能改善、骨盤安定化を目的としています。

使用するツールは、ストレッチポール®EX、MX、ハーフカットのどれかです。

ツール選択のポイント
  • シニア・初心者:ハーフカット
  • 女性:ストレッチポールMX

ストレッチポール®の乗り方・降り方

前ちゃん
ストレッチポール®にはじめて乗る方は、こちらの動画をご覧ください。

骨盤スライド

前ちゃん
骨盤スライドは、骨盤の左右のゆがみを整えるエクササイズです。
ポイント
  • 目的:左右寛骨の対称化、骨盤の後傾
  • 注意:大きすぎる動きにならないようにする

ワイパー運動

前ちゃん
ワイパー運動は、股関節の筋肉をゆるめ正しい位置に整えるエクササイズです。
ポイント
  • 目的:股関節周りの筋のリラクゼーション、股関節の調整
  • 注意:股関節の関節内運動をイメージする

フロッグキック

前ちゃん
フロッグキックは、骨盤の位置を整え股関節の動きをよくするエクササイズです。
ポイント
  • 目的:股関節の可動域改善
  • 注意:股関節の関節内運動をイメージさせる

バタ足

前ちゃん
バタ足は、股関節の位置を整え体幹の筋肉を整えるエクササイズです。
ポイント
  • 目的:骨盤の締まりの位置、股関節の調整
  • 注意:小さな動きで振動を仙骨に伝える、呼吸を行いインナーユニットを働かせる

バイク

前ちゃん
バイクは、股関節の位置を整え体幹の筋肉を鍛えるエクササイズです。
ポイント
  • 目的:骨盤の締まりの位置、腸腰筋の機能改善
  • 注意:小さな動きで振動を仙骨に伝える、呼吸を行いインナーユニットを働かせる

セルフモニタリング

前ちゃん
ペルコン前後のカラダの状態を比較します。
ポイント
  • 方法:立位感覚・片脚立ち・片脚あげ・骨盤ローリング・開排位・股関節内外旋
  • 留意点:立ち位置、足幅などポジションを前後で同じにする

なぜペルコンが必要なのか?

骨盤の安定性はとても重要です。なぜなら、ヒトの関節は個別に働きながら複数の関節と協働して働いているからです。

例えば、骨盤・腰椎の安定性が悪くなると、股関節胸椎の動きに影響し過度に負荷がかかる可能性があります。

複数の関節を同時に協同して働かせることが機能的な動作に結びつくという理論をジョイント・バイ・ジョイント理論といいます。ジョイント・バイ・ジョイント理論では、関節の役割を可動性(モビリティー)と安定性(スタビリティー)にわけています。

引用:ファンクショナルトレーニング

ファンクショナルトレーニング 機能向上と障害予防のためのパフォーマンストレーニン [ 中村千秋 ]
created by Rinker
ジョイントバイジョイントの画像

出典:健康長寿ネット ジョイント・バイ・ジョイントアプローチとは

骨盤・腰椎は、スタビリティ。上下の胸椎股関節モビリティ。股関節や肩関節の違和感の原因は、骨盤の安定性が低下している可能性があるということです。

まとめ

ペルコンセミナーを受講して、骨盤とインナーユニットの関連性骨盤と股関節の連動性はとても重要だと痛感しました。

関節は動きの中で連鎖しているということを再認識させられたセミナーでした。

この記事では、JCCAセミナーペルコンの内容をかんたんにまとめました。この記事でコアコンディショニングについて興味をもっていただけたら最高に幸せです。

最後までご覧いただきありがとうございました。




JCCAセミナーでさまざまなヒトと交流ヒトのカラダについて学ぶことはとても価値があると感じています。

さぁ、あなたも一緒に学びませんか?

友だち追加

こちらのライン@では、セミナー案内やブログ更新情報を不定期で発信しています。興味のある方はぜひご登録ください。

クリックされるとメッセージが送信され登録されます。タイムラインの公式マイアカウントフィードでお知らせが発信されます。

もし個別でメッセージを受け取りたい方は、こちらからのメッセージ受信後にスタンプをご返信いただきますと僕の公式ラインと直接つながりますよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です