JCCAコアキッズ体操セミナーをかんたんに解説




こんにちは。理学療法士の前ちゃんです。

今回は、日本コアコンディショニング協会(以下、JCCA)コアキッズ体操セミナーを受講してきましたので、セミナーの様子をまとめたいと思います。

なぜ、キッズ体操なのか?

そのあたりの疑問について、わたしなりに解説していきます。

内容は、JCCAコアキッズ体操セミナーテキストを参考にしています。残念ながら公式の動画は公開されていませんが、参考の画像を引用しています。

コアキッズ体操セミナーテキストの画像




コアキッズ体操とは

コアキッズ体操とは子どものカラダの土台つくりのエクササイズを安全かつ効果的に指導できるようにパッケージ化した体操です。

前ちゃん
キッズを対象としていますが、大人にも効果的です。セミナー終了時、カラダの変化を体感しました。

セミナーの流れ

セミナーは、13:30~16:30の3時間コースです。(講師の都合により9:30~12:30の時間帯もあります。)

テキストでセミナーのゴールコアコンディショニングの説明コアキッズ体操の基礎知識について学びます。

実技は9つのコアキッズ体操を実施しながら、エクササイズの注意点指導のポイントについて学びます。

コアコンディショニング活動理念

JCCAセミナーは、すべてのセミナーで活動理念を学習します。なぜなら活動理念がぶれると、指導者としての軸がぶれてしまうからです。

コアコンディショニング活動理念

私たちは人々の快適な生活のサポートやスポーツパフォーマンスの向上に貢献するコアコンディショニングを世界中に普及させることで、笑顔と感動を世界中の人々と共有します。これらを共に実現する指導者を多数創出する組織として、常に常識にとらわれず明るく楽しいこのミッションを達させます。

引用:JCCAセミナーテキスト

 

コアコンディショニングトレーナーがもつべき価値観

我々コアコンディショニングトレーナーが目指すものはセルフコンディショニングの意識と知識を普及させるための健康教育です。このミッションを達成するために間の前のクライアントの体感を導き感動の共有を目指します。

引用:JCCAセミナーテキスト

セミナーゴールの確認

セミナーの目標を確認します。なぜなら、このセミナーで何を学ぶかを明確にする必要があるからです。

前ちゃん
ゴールを明確しないと迷子になっちゃいます。これ、セミナーあるあるなんです!!

コアキッズ体操セミナーで何を学び、どのようにコアキッズ体操を指導するのかを確認します。

ポイント
  • キッズ指導における基礎知識の理解
  • キッズコアコンディショニングの全体像の理解
  • キッズ体操指導の理解

コアコンディショニングとは

コアの定義とコアコンディショニングについて学びます。

コアコンのポイント
  • すべての身体活動に通じる良好な姿勢の獲得
  • コアと全身が協調した効率的な動作の獲得を促す

コアキッズ体操を安全かつ効果的に行うための基礎知識

コアキッズ体操を安全に指導するため、キッズコアコンディショニングの必要性、全体像、子どもの運動発達と運動学習、体操実施時のアドバイス、体操の対象について学びます。

キッズコアコンディショニングの必要性

なぜ、キッズコアコンディショニングが必要か?

なぜなら、社会環境や生活環境の変化によって子どもたちのカラダに変化が起きています。

赤ちゃんはいはいの画像

簡単に骨折したり、腰痛や肩こりを訴えたり。

単純に活動量が不足しているわけではありません。ただ運動をすればいいというわけではありません。健全に運動発達を促す必要があるのです。

前ちゃん
最近、子どもロコモという言葉を耳にしますね。
子どもロコモ体操画像

子どもロコモを改善!家庭でできるたった3分の体操動画5選

2019年6月30日
子どもロコモ画像01

子どもロコモとは?今すぐできるチェックポイント5選

2019年6月25日

キッズコアコンディショニングの全体像

キッズコアコンディショニングは4つのカテゴリーから構成され、子どもの健康なカラダつくりを目的としています。コアキッズ体操の位置づけについて学びます。

キッズコアコンの全体像
  • 遊び
  • 多様な運動
  • 動きづくり
  • 体づくり

運動発達と運動学習

子どもに運動指導を行う際、運動発達と運動学習をしっておくことは重要です。運動発達と運動学習の要素の内容について学びます。

コアキッズ体操実施時のアドバイス

コアキッズを実施する際の注意点を学びます。

ポイント
  • 楽しませる
  • 安全面
  • 引き出す
  • 肯定的な言葉かけ
  • 未来を見据える

コアキッズ体操の対象

コアキッズ体操の対象を4つのステージに分けて解説します。なぜなら、対象が子どもの場合は、年齢別にしっかりと要素を理解する必要があるからです。

前ちゃん
大人もコアキッズ体操でカラダの変化を体感することができます。

コアキッズ体操の実施

実際に体操を行いながら体操の目的・実施方法・注意点・声掛けのポイントについて学びます。残念ながら動画が公開されていませんでした。

コアキッズ体操の画像

引用:宇佐整骨院HPより

またセミナー終了後、講師よりコアキッズ体操の動画が配布されますので復習に活用できます。

まとめ

コアキッズ体操セミナーを受講して、子どもの発達過程はとても重要だと痛感しました。

社会環境や生活環境の変化が子どもロコモ症候群の原因です。つまり、今の子どもたちには発育発達に基づく運動学習の機会が必要です。

これからの未来の子どもたちのために、セルフコンディショニングの情報をしっかり発信していきたいと思います。最後までご覧いただきありがとうございました。




JCCAセミナーでさまざまなヒトと交流ヒトのカラダについて学ぶことはとても価値があると感じています。

さぁ、あなたも一緒に学びませんか?

友だち追加

こちらのライン@では、セミナー案内やブログ更新情報を不定期で発信しています。興味のある方はぜひご登録ください。

クリックされるとメッセージが送信され登録されます。タイムラインの公式マイアカウントフィードでお知らせが発信されます。

もし個別でメッセージを受け取りたい方は、こちらからのメッセージ受信後にスタンプをご返信いただきますと僕の公式ラインと直接つながりますよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です